誰もが役割を感じて生きる社会の創造

カテゴリー: お知らせ

事業復活支援金の事前確認、間違いあるある

所長の竹中がパーソナリティを務めるインターネットラジオで事業復活支援金の事前確認についてお話をさせていただきました。

弊所は、事前確認を行う「登録確認機関」となっております。

事前確認に来られたお客様の中には、慣れない作業のためかミスがあり、事前確認が完了できないケースがあります。

今回の収録では、ときどき見受けられるミスとその対処についてお話をいたします。

放送日は5月18日ですが、この支援金の申請期間は5月31日(事前確認は26日まで)となっており、放送直前の告知では間に合わない方が出てくるかもしれないので、少し早めに告知することにいたしました。

仮申請の段階で起きやすいミスとしては、

・登録した電話番号と事前確認時に聞かせていただく電話番号が異なっている。

・事業形態が間違っている。

などがあります。

事業形態が間違っているということに関しては、本来は個人事業者(事業所得)であるのに、間違って個人事業者(主たる収入が雑・給与所得)として仮登録してしまっている例があります。ここを間違えると仮登録からやり直しとなりますので、ご注意ください。

その他には、何月を対象月とし、いつからいつまでを基準期間とするかを決めないまま事前確認に来られる方がいます。

・自分は、給付対象になるのか?

・上限はいくらになるのか?

・給付額はいくらになるのか?

が決まる大切な要素となります。

もらえるものがもらえなかったり、もっともらえるはずなのに少額となってしまったり、ということになりかねませんので、しっかりシミュレーションしていただきたいと思います。

事前確認に関するお問い合わせはこちらまで。

事業復活支援金の事前確認をします

コロナの影響を受けた事業の継続・回復のための支援金です。

この支援金の申請に必要な専門家による事前確認を、大阪市内の特設会場にて行っています。

弊所は、この事前確認のために登録された確認機関であるとともに、令和3年12月に経済産業大臣から経営革新等支援機関(認定支援機関)の認定を受けておりますので、安心してご依頼ください。

特設会場は、大阪メトロ本町駅近くとなります。

事前に事業復活支援金のサイトにアクセスし、内容をご確認のうえ、仮登録してIDの発行を受けてください。

事前確認に関するお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。

一時支援金の事前確認します

緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業又は不要不急の外出・移動の自粛により、特に大きな影響を受けておられる事業者の方に給付される一時支援金。

この一時支援金の申請には、登録確認機関による書類等の事前確認が必要となります。

弊所では、この事前確認を無料で行います。

八尾市の事務所の他、大阪市内(大阪メトロ本町駅付近)の特設会場でも確認作業をいたしますので、こちらの方が来やすい方は特設会場にお越しください(場所の詳細はお問い合わせください)。

事前に一時支援金事務事業のサイトにアクセスし、仮登録を行い、ID番号の交付を受けてください。

事前確認のお申し込みはお問い合わせフォームからお願いいたします。

セミナーのご案内

弊所代表が参加している「ばんぜんの会」で、セミナーを開催することになりました。
障害をお持ちのお子さんの親御さんが最も気にかけているのが、自身が亡くなった後のお子さんの生活。

なかんずく、お金のことではないでしょうか。

今回は、ばんぜんの会のメンバーで金融のプロでもある芳賀さんに、親なきあとのお金の問題についてお話をしていただきます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén