竹中行政書士事務所

誰もが役割を感じて生きる社会の創造

カテゴリー: ブログ行書

新型コロナウイルス感染症特別貸付について

弊所では、この度の新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少した事業者様のために、特別価格で資金調達のお手伝いをいたします。

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付は、おおむね次のような特徴があります。

  • 低金利(一定の条件を満たせば実質無金利)
  • 借入期間が長い(設定されている上限値)
  • 据置期間が長い(設定されている上限値)
  • 比較的審査がスピーディ

休業を余儀なくされ、資金繰りに困っている事業者様が多数おられる中、弊所が貢献できることがないかと考えたうえでのご提案です。

お気軽にご相談ください。

行政書士
SP融資コンサルタント
竹中永健

東京オリンピックを予言した人

私の知り合いに運命解明士®の河野カヨさんという方がいて、占い師さんなんですが、よく当たるので時々診てもらってます。

経営者たるもの、ゲンを担ぐことも大切なのでは?ということで、今から5年位前、いわば事業主の集まりでもある行政書士会の支部研修で「運を味方につけた経営術」みたいなテーマで講師をしてもらったこともあります。

その打ち合わせの際、河野さんが次のようにおっしゃっていたのを思い出しました。

「今度(2020年)の東京オリンピックは、前回(1964年)の時のような熱狂をもって迎えられることはない。時代(時勢?)が違う。私は、2020年のオリンピックは、開催されるかどうかすら怪しいと思っている」と。

新型コロナウイルスの脅威によって延期されるといったところまで予見できたわけではないのかもしれませんが、いずれにせよ2020年に東京オリンピックが開催されることはなくなりました。

5年前の河野さんの言葉を証明するものを私は持ち合わせていませんが、確かにこの耳で聞いたことです。

ふと思い出し、背筋がすこしゾッとしました。

運命には逆らえないということなんでしょうかねぇ?

写真はラジオに出ていただいた時のものです

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén